2014年3月1日 みにちあ☆ベアーズ@AKIBAカルチャーズ劇場 (第2部)


2014年3月1日(土)
みにちあ☆ベアーズ、S★スパイシー2
AKIBAカルチャーズ劇場
「目指せ東京ドーム!!頑張れみにちあ☆ベアーズ!!vol.54&55 final!!」第2部

S★スパイシー2 セットリスト
1, 再現ドラマの女
2, ブルーライト ヨコスカ
3, 私を二郎に連れてって
4, エキゾチックスパイス

みにちあ☆ベアーズ セットリスト
1, みにちあサンバ
2, みにちあ応援歌
3, みにちあ校歌
4, Wonderful Rush
5, もってけ!セーラーふく
アンコール
6, みにちあ☆100

 一昨日のAKIBAカルチャーズ劇場、みにちあとSスパのライブ第2部のレポートです。2部もS★スパイシー2のライブからスタート。「再現ドラマの女」以外は曲を入れ替えて、2部でも4曲を歌いました。2部もめちゃくちゃ盛り上げてくれました。MCでは、翌日にボーノ相模大野でおこなわれた初ワンマンライブの宣伝を。新メンバーが入ってどうなるかわかりませんが、曲もいいし、キャラクターもいいし、もっと売れるといいなぁ。個人的には今後も地道に応援していこうと思います。

 続いてほとんど転換時間なしで、みにちあベアーズのライブがスタート。2部では、1部とは変わってオリジナル曲多めのセトリとなりました。2曲目の「みにちあ応援歌」のあとには自己紹介とMC。ここでは「目指せ東京ドーム、頑張れみにちあ☆ベアーズの公演が最後となってしまいました。なんと、この名前の公演だけで55回です。ここまで55回もやり続けられたのは皆さんのおかげです。ありがとうございます!」と挨拶。みにちあには3月で小学校を卒業するメンバーが6人、春は出会いと別れの季節、ということで3曲目に披露されたのは「みにちあ校歌」でした。

 4曲目にみにちあ劇場。支配人役は愛来さんと内藤るなさん。初登場のグループ、みにちあ坂学院(みにちあざかがくいん)からやってきたミニライブ!として、「Wonderful Rush」をやりました。もちろんラブライブ!の曲のカバーです。みにちあがライブでカバーするのは初めてのはずですが、コールを入れやすいリズムと構造の曲なので、途中からはいつもやっている曲のように盛り上がりました。曲の知名度が高いっていうのも、あるとは思いますが。

 アンコールでは、リーダーの内藤るなさんが「みなさんが大好きな曲で、今日まだやってないのがありますよね? 円陣組みます!」と言ってメンバーで円陣を組みます。そこから始まったのは「みにちあ☆100」。みにちあの曲は、カバー曲もオリジナル曲も、「応援する」ってコンセプトがはっきりしてるのでブレないですね。この曲も、最後の曲というのもありますが、盛り上がりました。

 みにちあベアーズは今週末のライブをもって解散とのことですが、なんだかもったいないなと思います。「見に来てくれた人を応援する」ってコンセプトで、ほとんどカバー曲ですが、高校野球の応援のような楽曲と、野球とチアリーダーのユニフォームを合わせたような衣装が、全て一貫していてよくまとまっています。楽曲も単純ですが、コールを合わせやすいものが多く、高校野球の応援とアイドル現場でのコールって、意外な親和性があるんだなと思ったり。現場の雰囲気も、保護者が子供たちを見守るって要素が強くて、牧歌的でアットホームです。

 また、この日は最後の「目指せ東京ドーム!!頑張れみにちあ☆ベアーズ!!」公演、AKIBAカルチャーズの出演もラストとなるため、メンバーがそのことに度々触れていましたが、途中で泣いてしまうような場面はなかったです。スタダのアイドル特有の素直さを持った子たちなので、感極まって泣いちゃう子もいるかと思いましたが、思いのほかみんな落ち着いていました。3月9日に本当のラストライブが控えているというのもありますが、なんとなくその後の進路もそれぞれ決まっているのかな、なんてうがった見方をしてしまったり。

 コンセプトもしっかりしていて、エンターテイメントとしても成立していたし、育成ユニットとしても機能していたので、みにちあの解散は残念な気持ちが強いです。ただ、間違いなく新グループ、新たなアイドル向けの育成ユニットか育成システムができるはずですし、今後の動きに期待します。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください