人気曲・代表曲で解き明かす、あいみょんの魅力


目次
イントロダクション
1, 貴方解剖純愛歌 〜死ね〜
2, ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌
3, どうせ死ぬなら
4, 生きていたんだよな
5, 愛を伝えたいだとか
6, 君はロックを聴かない
7, ふたりの世界
8, 満月の夜なら
9, マリーゴールド
10, 今夜このまま
作詞家としてのあいみょんの魅力
個別レビュー一覧

イントロダクション

 1995年生まれ。兵庫県西宮市出身のシンガーソングライター、あいみょん。

 2015年に、タワレコ限定シングル『貴方解剖純愛歌 〜死ね〜』がリリースされたあたりから、存在は知っていました。

 当時は「変わった名前だな」「すごいこと歌ってるなw」ぐらいの印象だったんですが、あれよあれよという間に、2018年には「NHK紅白歌合戦」の出場も決定。世代を代表するシンガーの1人と言っていいでしょう。

 前述の「貴方解剖純愛歌 〜死ね〜」を含めて、彼女の書く歌詞は、いささかエキセントリック。そのため、過激な言葉づかいやテーマに、注目しがちです。

 でも、うわべのセンセーショナルな言葉だけに気を取られていては、彼女の魅力を捉えそこなってしまうでしょう。

 過激なように見せて、非常に巧妙なテクニックを備えた作詞家であり、シンガーであると僕は考えています。

 そこで本論では、シングル曲を中心に、あいみょんの代表曲を10曲選び、彼女の魅力をお伝えしたいと思います。

 ランキング形式ではなく、僕が選んだ10曲をリリース順に並べました。彼女の表現の幅広さを、つかんでいただければ幸いです。

1, 貴方解剖純愛歌 〜死ね〜

 1曲目は「貴方解剖純愛歌 〜死ね〜」。前述のとおり、TOWER RECORDS限定で発売された、あいみょんのデビューシングルです。

 2015年3月4日にリリース。同年5月20日リリースの1stミニアルバム『tamago』にも収録されています。

 タイトルに「死ね」と入っているところから示唆的ですが、歌詞の内容も過激。

 例えば歌い出しの歌詞は「あなたの両腕を切り落として 私の腰に巻き付ければ あなたはもう二度と 他の女を抱けないわ」。

 グロテクスとも言える内容に、耳が奪われてしまいますけど、ただ過激なだけじゃないんです。語り手の「私」は、話の進めかたが人を追い詰めるように論理的で、それが怖さを増幅させています。

 曲調は、ざらついたギターが印象的な、コンパクトなロック。あいみょんのハスキーな声とのバランスも、秀逸なアレンジです。
 
 

2, ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌

 2曲目に紹介するのは、1stミニ・アルバム『tamago』に収録される「ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌」。

 シングル曲ではないですが、あいみょんの多彩さ、面白さがよく出た楽曲なので選びました。

 この曲も、まずタイトルが目を引きますよね。「ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌」。

 曲名のとおりと言うべきなのか、歌詞も「ザギン」「ギロッポン」「ちゃんねー」ねど、業界用語が多用されています。

 ただ、こういった用語を使う人がいた、あるいは今もいるわけで、全編にわたってネタにしてるから、わかりやすく笑えますけど、その裏には流行りを追う人への冷めた目線も感じられます。

 曲調は、クランチ気味のギターが、小気味よくリズムを刻む、軽やかなロック。

 

3, どうせ死ぬなら

 3曲目は「どうせ死ぬなら」。2015年12月2日リリースの2ndミニ・アルバム『憎まれっ子世に憚る』に収録。

 どうせ死ぬならこんなことがしたいと、ひたすら語り手の願望と好きなものが、羅列されていきます。

 いくつか引用すると「ジョンレノンのあの曲を聴きながら逝きたい」「太陽の塔の上で HAPPYを叫びたい」「どうせ死ぬなら ダメもとの告白もする」などなど。

 でも、この曲が伝えるのは、絶望ではなくて希望。死ぬ気になって、自分の願望を思い浮かべていたら、好きなもの、愛おしいものの多さに、気づいたのではないでしょうか。

 歌詞の後半に出てくる「どちらかと言えば死にたくないわ」という一節にも、そんな思いが集約されています。

 

4, 生きていたんだよな

 「生きていたんだよな」は、2016年11月30日にリリースされた、メジャー1stシングル。テレビ東京系ドラマ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』主題歌。

 2017年9月13日リリースの1stアルバム『青春のエキサイトメント』にも、収録されています。

 「二日前このへんで 飛び降り自殺した人のニュースが流れてきた」という一節から始まる、センセーショナルな1曲。

 でも、うわべの言葉だけに気を取られていると、この曲の本当の魅力を見失ってしまいます。

 自殺の現場に群がる無数の野次馬たち。現場の写真をアップして、盛り上がるネット上。いわば自殺がエンターテイメントと化した状態を、語り手は冷めた目線で記述していきます。

 そして、野次馬たちが騒ぎたてるのに対し、語り手は自殺した少女の人生を思い、涙を流すんです。現代社会や人間の異常性を、あばき出した1曲と言えるでしょう。

 この曲のうわべだけに注目し「いきなり自殺とか出てきて凄い曲じゃん!」なんてリアクションをするのは、野次馬たちと一緒です。

 冷めた目線のところは、メロディーで歌うのではなくたんたんと語り、感情が溢れ出すところは、メロディーで歌う構成になっていて、コントラストが鮮やか。

 

5, 愛を伝えたいだとか

 「愛を伝えたいだとか」は、2017年5月3日リリースのメジャー2ndシングル。1stアルバム『青春のエキサイトメント』にも、収録されています。

 ここまで紹介してきた、エキセントリックとも言える楽曲群とは違い、ゆるやかに恋人のことが語られていきます。注目すべきは、男性目線で書かれている点。

 この曲がリリースされた当時、あいみょんは22才。それなのに20代から30代前半ぐらいの、ちょっと頼りない男性が、リアルに描かれています。

 年齢や性別を超えて、他人になりきる能力も、あいみょんの特筆すべきところ。

 

6, 君はロックを聴かない

 「君はロックを聴かない」は、2017年8月2日リリースのメジャー3rdシングル。1stアルバム『青春のエキサイトメント』にも、収録されています。

 先ほどの「愛を伝えたいだとか」と同じく、男性目線で書かれたこの曲。でも、雰囲気はだいぶ異なります。

 「愛を伝えたいだとか」が20代の頼りない、ダメっぽいオーラも漂う男性を描いていたのに対して、「君はロックを聴かない」で描かれるのは中学か高校生ぐらいのウブな少年。

 女子を部屋に招いて、自分の好きなロックのレコードを聴かせるっていう曲です。

 ロックだけが友達!というタイプの少年を、リアルに描き出していて、人によっては心がヒリヒリするんじゃないでしょうか(笑)

 僕自身もロックにすがるようなタイプの学生だったので、聴きながら「うわぁ〜わかるなぁ」というポイントが、いくつもありました。

 曲調はゴリゴリのロックというわけではなく、あいみょんの声とアコースティック・ギターが中心に据えられた、ミドルテンポのナンバー。

 

7, ふたりの世界

 7曲目に紹介するのは「ふたりの世界」。こちらはシングル曲ではありません。1stアルバム『青春のエキサイトメント』に収録。

 今度は女性目線で、恋人と思われる男性のことを歌っています。ピンチも倦怠期も、乗り越えた時期だと思われる恋愛が、描かれています。

 男の僕からすると「女性のこういうところって分かんないな」と思うところもあり、非常にリアルティのある歌詞です。「女性ってこういうこと考えてるのかな、こわっ!」と思うポイントも、いくつかありました。

 歌詞のラストを締めくくる「大好きで ちょっと嫌いで 今がある」という一節に、この曲のメッセージが凝縮されていると思います。

 

8, 満月の夜なら

 「満月の夜なら」は、2018年4月25日リリースのメジャー4thシングル。

 エロティックな歌詞だと言われることが多く、確かにベッドの中の男女を、ポエティックに描写しているんですけど、僕が注目するのはその表現方法。

 例えば、アイスクリームが溶けることで、時間の経過と2人の関係性をあらわしたりと、直接的な言葉を使わずに、多くの情報を伝えているんです。

 音楽面では、アコースティック・ギターとリズム隊が、立体的にアンサンブルを構成。流れるようなメロディーが重なり、爽やかな曲調。

 歌詞におけるオブラートに包んだ表現の数々と、曲の爽やかさのバランスもまた、面白いです。一聴したら、そんなことを歌っているとは、思いませんから。

 

9, マリーゴールド

 「マリーゴールド」は、2018年8月8日リリースのメジャー5thシングル。

 あいみょんにしては意外なほど毒がない…と言ったら、語弊があるかもしれませんが、おだやかな恋愛が描かれた曲です。

 センセーショナルな言葉やテーマが控えられたことによって、彼女の作詞家としての能力の高さが、よりダイレクトに分かる曲でもあります。

 空や雲の様子で、時間の経過や感情の変化をあらわし、こちらの感受性が研ぎ澄まされるような、繊細な歌詞です。

 

10, 今夜このまま

 「今夜このまま」は、2018年11月14日にリリースされたメジャー6thシングル。日本テレビ系ドラマ『獣になれない私たち』主題歌。

 歌詞全体が、巧みな比喩表現によって彩られた楽曲です。具体的には、ビールを連想させる言葉が並ぶんですけど、決して「ビール」というワード自体は使いません。

 それなのに、ビールの味やイメージを利用して、感情を記述していくんです。

 音楽面では、アコースティック・ギターと電子音が立体的に組み合い、その中をボーカルが自由に動きまわるようなアレンジが秀逸。

 

作詞家としてのあいみょんの魅力

 さて、ここまでシングル曲を中心に、あいみょんの楽曲を10曲とり上げてきました。最後に、彼女の作詞家としての魅力を、考察したいと思います。

 まず、彼女の表現の振り幅は、特筆すべきでしょう。センセーショナルな内容から、メロウでおだやかな曲まで、テーマも表現手法も、多岐にわたっています。

 上記で紹介してきた10曲を、リリース順に聴いていくと、初期は過激なワード選びが多く、徐々に表現の幅を広げていることが分かるでしょう。

 初期の曲が劣っているという意味では決してなく、例えば猟奇的とも言える「貴方解剖純愛歌 〜死ね〜」と、自殺をあつかった「生きていたんだよな」にしても、センセーショナルな言葉と、冷静な語りが共存しています。

 言い換えれば、ただ過激なことを書いているのではなくて、まず表現したいことがあり、その手段としてセンセーショナルな言葉を使っているということ。

 感情と理性が、高い次元で両立した歌詞とも言えます。

 もうひとつ挙げておきたい特徴は、共感性の高さ。曲によって、女性目線と男性目線を使い分け、それぞれ語り手になりきっています。

 変幻自在に様々なキャラクターを演じる役者のことを「カメレオン俳優」と呼ぶことがありますが、「カメレオンシンガー」とでも言ったらいいでしょうか。

 楽曲によって、キャラクターと語りの手法を変える表現手段の豊富さには、おどろかざるを得ません。

 前述したとおり、紅白への出場も決まり、2019年には2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』のリリースも予定されています。

 彼女の表現のさらなる進化を、楽しみに待ちましょう。

個別レビュー一覧

 当サイトに掲載している、あいみょんの楽曲レビューの一覧。主に歌詞の考察をしています。

「貴方解剖純愛歌 〜死ね〜」歌詞の意味考察 グロテスクを増幅させる「私」の論理性
「生きていたんだよな」歌詞の意味考察 フィクション化する現実
「君はロックを聴かない」歌詞の意味考察 厨二病を生む出すロックの機能
「今夜このまま」歌詞の意味考察 ビールを連想させる言葉
「マリーゴールド」における自然現象の機能 歌詞の意味考察
「満月の夜なら」歌詞考察 アイスクリームによる情景描写





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください