2014年4月6日 チームしゃちほこ@Zepp DivercityTokyo (第2部)


2014年4月6日 (日)
チームしゃちほこ
Zepp DivercityTokyo
Zepp FINAL!~ありがとうを伝えたくて~ 第2部:安藤ゆず「築地サーモンピンク」

セットリスト
1, 恋人はスナイパー
2, いただきっニッポン!~おみそれしましたなごやめし~
3, 愛の地球祭
4, いいくらし
5, ピザです!
しゃちほこ10分クッキング
6, 紅蓮の弓矢
7, 残酷な天使のテーゼ
8, 私がセンター
9, ザ・スターダストボウリング
10, 尾張の華
11, ごぶれい!しゃちほこでらックス
12, 首都移転計画
13, OEOEO
14, そこそこプレミアム
15, トリプルセブン
16, 乙女受験戦争
17, マジ感謝
アンコール
18, トリプルセブン

 しゃちほこのZeppツアー、DivercityTokyo公演の第2部。2部の主役は、ゆずぽんこと安藤ゆずです。

 ライブは「恋人はスナイパー」からスタート。1部に続いて、冒頭の帆華のセリフは「見て! あれは銀色に光る東京のシンボル、スカイツリー!」、その後の歌詞も「ハー! ハー! スカイツリー!」に変更。

 2曲目のあとに自己紹介とMC。
 咲良「今日はなんかいつもより目力が強いね。やっぱり今日はセンターだもんね。あっ、来る?」
 安藤「大丈夫、大丈夫、私がいるところが常にセンターだから!」
 咲良「聞いて、聞いて! 基本的にT字のテープみたいなのがあるところがセンターって決まってるの、こういうステージだと。で、このあいだ、そのT字を(ゆずぽんが)持って歩いてたの!」
 大黒「福岡のときも持ってたよ。」
 安藤「今日も持ってきた!」
 咲良「なんで持ってるの?」
 安藤「舞台監督さんにもらったんだよね。ゆず、センターだからあげるよー、みたいな。あぁ、いただきます!って言って。」
 咲良「はい、というわけでDivercityということで、あっ、そうだガンダム! が、あるんだよね。」
 坂本「ガンダムといえばあれじゃない、ゾンビメイク。来てくれた方いますか?」
この質問に対して、多くの人から手が挙がりました。
 大黒「あのときはさ、フリーライブなのに、すんごい奥の方までいて、感動したのを覚えてる。」
 坂本「あと、お台場といえば、ティフ(TIF=Tokyo Idol Festival)!」
 秋本「2年前ぐらい?」
 咲良「一昨年か。」
 伊藤「めっちゃ熱いときで、屋外でやったときに水鉄砲をやったんですけど…水鉄砲じゃなくてホースで、そのまま。ゆずきが店長にずっと向けてたの!」
 大黒「超怒られたの、それで。」
 咲良「なつかしいね。」
 秋本「また、出たいねTIF。」
 咲良「そのとき、こいのぼりの衣装で、カラフルだったの全身。それでね、お台場のTIFの会場まで電車乗ってったの!」
 全員「そうだ! 恵比寿から!」
 安藤「山手線に乗ったの、あれで!」
 伊藤「そのわりにレッスン着で帰るなって言われるんだよね。」
 坂本「東京でレッスン着で帰ろうとするとね、ここは東京だからダメだぞって言われる。」
 大黒「でも名古屋のときは別にいいんだよ!」
 全員「名古屋をバカにしてるよ! 田舎扱いされてる。」

 5曲目「ピザです!」では、ゆずぽんがアドリブで「横切る猫さん」の歌詞を「横切るブタさん」に変え、ちゆもそれに応えて「にゃあー」の部分を「ブブブブー!」に変更。「ピザです!」のあとには、今回のツアーから始まった「しゃちほこ10分クッキング」。この企画は、しゃちほこが10分間で料理を作り、それをお客さんに食べてもらっておもてなしをするというもの。今回作るのは、タイトルの「築地サーモンピンク」にちなんでサーモンの手巻き寿司でした。

 最初に司会進行役のハルちゃんが、手巻きずしを作る工程を紹介します。
1, ご飯を炊く。
2, 酢飯を作る。
3, 巻きすに海苔を置き、その上に酢飯を載せる。
4, 具を選んで載せて巻く。
5, おいしくいただく。

 このうち、1と2は既に酢飯が準備されていました。また、1部と同じく、サーモン以外にもポップコーンなど関係なさそうな食材がいろいろと用意されていました。そのうちの一部は、しゃちほこへの差し入れだったらしい。

 サーモン、大葉、いくらを具に使い、真面目に手巻き寿司を作っていくゆずぽん。ステージの端の方で、いちゃいちゃしながらポップコーンを食べるなおちゃんとほのか。ゆずぽんが作業を続けているのに、ほのかとなおちゃんがポップコーンを食べたり、具のサーモンを食べたいと言い出したり、自由すぎてなかなか進行しません。

 そんな感じで、わちゃわちゃしつつ、最後の巻きの作業。無事に巻き終わり、サーモンの手巻き寿司が完成すると、突然ゆずぽんが「ちょっと待って。芦田愛菜だよ。わたしね、今日、やりたいことあるの。やってもいいかな? だから、みんなはけて。」と言い、ここからソロで2曲を披露。

 ゆずぽんのソロ曲は、Linked Horizonの「紅蓮の弓矢」と、高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」。それぞれ『進撃の巨人』と『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニングテーマです。6人のダンサーを従えてのパフォーマンスでしたが、ゆずぽん曰くいちご星のダンサーとのこと。2曲を歌い終わると「いちご星のダンサー諸君、ありがとう。楽屋のあまおう1箱ずつ持って帰っていいよ。ご苦労。」と言って、ダンサーをステージから見送ります。ダンサーがはけて、ステージ上に1人残されるゆずぽん。

 安藤「あれっ? ひとり? 上手(かみて)。下手(しもて)。センター! 上手、下手、センター! わたしがセンター!」
 ここで、ちゆとハルちゃんがステージに戻ってきて、「私がセンター」を披露。

 「私がセンター」のあとに、ほのかと菜緒ちゃんもステージに戻り、ゆずきは2階席へ。「しゃちほこ10分クッキング」で作ったサーモンの手巻きずしを食べてもらうお客さんを2階席から選びます。何人かのお客さんに誰推しかを聞くなどして、最終的にゆずきが選んだのは、ちゆ推しとゆずぽん推しの女子2人。食べてもらってから、料理の点数を星の数で聞くと、「星100つ」との答え。

 16曲目「乙女受験戦争」のあとのMC。ひとりずつライブの感想などを。

坂本「Zepp難波、福岡、東京と3ヶ所の会場を回ってきたんですけど、楽しい、ライブってやっぱり! 3ヶ月間、ライブやってなくて、このツアーで久しぶりに復活したんですけど、あらためてライブって最高だなって思いました!」

咲良「今日は”築地サーモンピンク”ということで、私的にゆずのソロがめっちゃ面白かった。進撃の巨人の叫ぶところあるじゃん? みんなが叫んでて、2番で叫ぼうって言って、ゆずきと叫んでたの! メンバーの冠公演を見る方が楽しくて…すごく楽しい気分でした。次は名古屋で会いましょう!」

秋本「さっき菜緒が言ったように、ゆずのソロを見てて、ゆずってこんなに頼もしい人だっけと思って…いつも”いちご星”とか言ってて、なんだぁと思ってたけどさぁ、でもこんな自由奔放な、面白い、爆弾みたいなゆずとチームしゃちほこをよろしくお願いします。」

伊藤「今日は2公演やらせてもらったんですけど、1部も来たよーって方いますか? もう皆さん、覚えましたよ顔。覚えてますからね! “私がセンター”今日、聴いてもらったんですけど、いちご星がなかったらあの曲は生まれてないじゃないですか。だから、いちご星に感謝です。ありがとう。」
安藤「言っとくね、いちご星の住民にも。」
伊藤「わかった、言っといてください。大好きだよ!」
安藤「照れる!」

 大黒「2周年最後のライブが、ゆずということで、ゆずとの話をしたいと思います。(ゆずを) 泣かせたいねぇー。ゆずは、発想力がすごいじゃないですか、いちご星とか。ちょっと不思議なところもあって、ついていけない時もあるんですけど、ゆずきが落ち込んだ時とか、泣いてる時とか、そういう時にすぐ駆けつけてくれて、ずーっとそばにいてくれるんですよ。たぶん、ゆずがいなかったら、ゆずきはここまで強くなれなかったかなと思って…だから、ゆずがいてくれて、ゆずきは本当に大きくなりました! だから、ゆずを不思議な子かなと思ってる人は、そういう優しいところもあるんだよってことを、覚えておいてほしいです。」

 安藤「チームしゃちほこのメンバーのなかで、ゆずが一番になれるものってなんだろうって考えたときに、歌でもダンスでもMCでもなく、ほんとに何も無いなって思うんですけど、でも…メンバーを思いやる気持ちとか、皆さんのことが大好きな気持ちは、誰にも負けたくないなって、気持ちで負けたくないなって思ってます。明日でチームしゃちほこ、路上デビュー3年目なんですけど、大好きな皆さんと武道館やその先のガイシホールも、同じ夢を皆さんと見たいなと思うので、これからもよろしくお願いします! あっ、ちょっと、長くなっちゃうけど1個だけいい? 皆さん、コールすごいじゃないですか。”ゆーずぽーん”とか呼んでくれるじゃないですか。そのコールも大好きなんですけど、私が一番好きなコールはアンコールなので! ちょっと、裏でスタッフさんが頭抱えてる(笑) じゃあ、最後の曲。聴いてください、皆さんに会えたことに”マジ感謝”!」

 この流れから、「マジ感謝」。この曲では、メンバーがそれぞれ「ゆずの存在にマジ感謝」「いつでもゆずを思うから」などと歌詞を変えて歌い、終盤の「どれくらい」から始まる菜緒ちゃんのパートもゆずがセンターで歌うようにスペースを空けたりと、いつもと違うアレンジで楽しめました。

 1部では「マジ感謝」のあと、終演用のVTRが流れてから、すぐに客電がついてしまうため、アンコールが起こる機会がありませんでしたが、2部ではゆずぽんの前フリがあったためすぐにアンコールが起こりました。アンコールで歌われたのは、2回目の「トリプルセブン」。ゆずぽんの前フリもあり、1部ではアンコールが無かったので、まさにクライマックスって感じで盛り上がりました。

 このライブ、途中まではいちご星的な色合いが強く、笑いながら気楽に見てましたが、終盤は泣けて泣けて仕方なかった(´;ω;`) まさか、Zeppツアーのライブでこんなに泣くとは思わなかったな。自分はわりと地蔵系で見てたんですが、隣の人がちょっと引くぐらい泣いてました。ゆずきの挨拶にもあったけど、ゆずぽんのキャラが反映された公演だったんだと思います。

 最初は不思議系の世界観で気楽に見てられたんだけど、途中からはゆずぽんの優しさ、メンバー間の絆の強さが感じられて、とても暖かい気分になりました。しゃちほこは関東に来ることがあって、チケットが取れたら見たい、って感じだったのが、Divercityの1部2部とも見て、思い入れが強くなってきちゃったな(>_<)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください